オンラインカジノは日本で違法?

オンラインカジノをプレイするにあたって気になる内容だと思います。私自身も始めた時はとても不安でした。 結論から言うと、日本では合法でも違法ではありません。 どういうこと??となると思うのでこの記事にて詳しく解説します。 合法である法律はない 日本には賭博罪が制定されており、公に金銭のやりとりを行うゲームは禁止されております。 刑法185条では「賭博をした者は、50万円以下の罰金または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない」と定められています。 友達とジャンケンなどでジュースの賭けなどは一時の娯楽に該当するため、賭博罪に引っかかりません。 しかし、オンラインカジノではインターネット上で頻繁に金銭のやりときが実施されているので、賭博罪にかかります。 逆も、、法律で違法であることは定められていない 賭博罪で見ると一見違法に見えますが、そもそも、オンラインカジノに関する法律は制定されていないため合法なのでは?と考える方もいらっしゃいます。 現在でも多くの日本人がオンラインカジノ で遊んでいる理由には、2016年に起きた事件が関係しています。 2016年にオンラインカジノをプレイした日本人が逮捕 2016年に京都府警が、オンラインカジノ で遊んでいた男性3人を逮捕しました。ネット上にあげたユーザーIDを元に身元を特定したとされています。 ちなみに、逮捕=即有罪ではありません。逮捕の段階ではまだ容疑者です。 2人は略式起訴、1人は裁判へ 略式起訴とは有罪であることを認めることで、裁判を行わず科料を払うことで事を終える形式のことを指します。2人はこの略式起訴を選びました。 残りの一名は逮捕されたことを不服とし、裁判へと発展させました。結論から言うと不起訴処分の判決が出たことにより、無罪となりました。 無罪になったポイント 1、ユーザーが有罪になるなら胴元も有罪にならなくてはおかしい2、胴元が海外にあるため警察が調査に踏み込めない3、胴元は政府公認のライセンスを取得している 一度でも裁判で事例ができると、その事例を参考に今後の捜査など行われるので、法的に合法とも違法とも定められていないけど、逮捕されることはない。というグレーゾーンになっているのです。 オンラインカジノはグレーゾーン:自己責任で グレーゾーンであるため、「合法と定められていないならやりたくない!」という人はやらない方がいいです。オンラインカジノは全て自己責任です。不起訴処分の事例が出たからといって100%安心とはいえないのです。 極力安全にプレイするためのポイント それでもオンラインカジノで遊びたい方は以下のポイントに注意しましょう。 ①オンラインカジノ運営元の所在やライセンスを確認する(海外でしか合法のライセンスは存在しない)②日本語サポートがあるからと言って安心し切らない(日本で運営されているオンラインカジノは違法です)③身元が特定されるようなIDや本名をブログやYouTubeで公表しない 特に注意して欲しいのは日本語による安心感です。ほとんどのオンラインカジノは日本語に対応しています。日本語だからと言ってライセンス発行元の国を確認し忘れてはいけません。 日本で運営や設立されているオンラインカジノは=闇カジノです。 NEXT▶︎安全なサイトの見分け方 次の記事では、安全なサイトを確認しながら、安全なサイトの見分け方をご紹介します。この違法性に関する記事を読んで、それでもオンラインカジノ で遊びたいという方はぜひご覧ください。