【初心者大歓迎】カジノを副業として月3万円を稼ぐ方法

当サイトでは、オンラインカジノの始め方について解説をしています。

 

オンラインカジノとは、海外にあるカジノをインターネット上でプレイすることができるギャンブルのことですね。スマホがあればどこでも遊ぶことができるのが特徴です。

 

オンラインカジノ未経験者「どうせギャンブルなんだから負けることのが多いでしょ」

 

オンラインカジノ経験者「実は大勝ちに固執しなければコンスタントに稼げるチャンスは誰にでもある!」

 

オンラインカジノで稼ぐなんて無理でしょ。ギャンブルだし。」と思うかもしれませんが、実は稼いでる人も中にはいるのです。

 

日本のギャンブルで有名なパチンコやスロットにもプロとして生計を立てている方はいらっしゃいますよね。

 

オンラインカジノはうまく行くと月3万円、5万円、10万円と稼ぐことができるギャンブルです。しかも、スマホ片手にプレイすることが可能なので、「通勤時間を有効に使いたい」「就寝前にさくっと稼ぎたい」「副業でちょこっと稼ぎたい」と言った夢も叶うかもしれません。

「ジャックポットで1000万円勝ちたい!」という非現実的なことや「毎月100万円稼ぐ方法」など詐欺まがいなことは一切記載しません。

 

ギャンブルなので、0.0001%くらいでそのようなシンデレラストーリーを歩む方もいらっしゃいますが、再現性もなく完全に運です。

 

大勝ちするのではなく、ちょっとでも良いから副業レベルでお小遣い程度に稼ぐためにどうしたら良いかを解説します。

 

 

ただし、そのお小遣い程度でも誰でも稼げるとは限りません。

 

オンラインカジノの口コミを見ると、勝った報告や負けた報告が多く出てきます。

 

 

しかし、大半のオンラインカジノで負けている人は「勝ちにこだわる」ため、負けているのです。

 

ちゃんとした戦略や資金計画を立てれば、「誰でも月3万円くらい」は毎月稼げる可能性は出てきます。

 

 

まずは、「意識を変えること

 

「ギャンブル=ワンチャン大勝ちを狙う=大半が負ける」意識を変えていきましょう。

 

ギャンブルでも小額で確実に勝ち逃げする」考えを持つことです。

 

 

このサイトでは、オンラインカジノに限らず、海外のカジノを渡り歩いた筆者が実践してきた「考え方」や「攻略法」を公開します。

 

まずは「月1万円」スマホ代くらいは稼げるようになることを目指しましょう。

達成できたら3万円、5万円と目標を変えていきます。

 

いきなり5万、10万を目標にしてしまうと、気持ちがたかぶり、無謀な賭けをしてしまう恐れがありますので、最初の目標は小さく持ちましょう。

 

今回は月3万円を達成するために最低限知っておくべきことをプログラムとしてまとめました。

 

実はここでまとめたことは、プロギャンブラーとして生計を立てている人が基本的に持っている考え方なのです。

 

その内容についてこれから詳しく解説します。

 

オンラインカジノを副業に|月3万稼ぐためのプログラム

 

まずはオンラインカジノで月3万円を達成するための流れを解説していきます。

 

月3万円を稼ぐために
1.オンラインカジノを理解する

2.勝つことよりも負けないこと
3.資金計画の立て方
4.オンラインカジノの選び方
5.稼ぎやすいゲームとその攻略法

 

オンラインカジノを始めるにあたって、そもそもオンラインカジノがなんなのか理解することが重要です。

 

その後、パチンコや競馬などの他のギャンブルとの違いや考え方、資金計画、そして数あるサイトの中からどのカジノを選び、なんのゲームで攻略していくかステップを踏んでいきます。

 

まずはこの流れを知っていくことが大切です。

 

オンラインカジノを理解する

まずはオンラインカジノに関して理解しましょう。

 

1.オンラインカジノの違法性

そもそも日本にはカジノは存在しません。2016年にIR推進法というカジノを含む複合施設を建設、運営するための法案が成立しました。2025年ごろに現在有力候補地とされている横浜や大阪にカジノができる準備が進められています。

 

結論を言うと

オンラインカジノは合法でも違法でもありません。

 

オンラインカジノに関する法律が日本にないため、合法とも違法とも言えない状況になっているのです。

しかし、いわゆる闇カジノ・裏カジノのような公の場で金銭のやり取りを行うゲームは賭博罪により処罰の対象になります。

 

刑法185条では「賭博をした者は、50万円以下の罰金または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない」と定められています。

 

2016年にオンラインカジノをプレイした2016年に京都府警が、オンラインカジノで遊んでいた男性3人を逮捕しました。ネット上にあげたユーザーIDを元に身元を特定したとされています。

 

ちなみに、逮捕=即有罪ではありません。逮捕の段階ではまだ容疑者です。

 

2人は略式起訴、1人は裁判へ

略式起訴とは有罪であることを認めることで、裁判を行わず科料を払うことで事を終える形式のことを指します。2人はこの略式起訴を選びました。

 

残りの一名は逮捕されたことを不服とし、裁判へと発展させました。結論から言うと不起訴処分の判決が出たことにより、無罪となりました。

 

無罪になったポイント
1、ユーザーが有罪になるなら胴元も有罪にならなくてはおかしい
2、胴元が海外にあるため警察が調査に踏み込めない
3、胴元は政府公認のライセンスを取得している

 

一度でも裁判で事例ができると、その事例を参考に今後の捜査など行われるので、法的に合法とも違法とも定められていないけど、逮捕されることはない。というグレーゾーンになっているのです。

 

オンラインカジノ自体は合法に運営されている

オンラインカジノは、特定の国や政府により合法的なライセンスが発行されている企業しか運営することができません。

主に以下の国や政府がライセンスを発行しています。

イギリス/ジブラルタル/マルタ共和国/マン島/キュラソー政府

 

例えば、日本で最も有名なベラジョンカジノでは公式サイトに以下のようなライセンスの表示がされています。

ライセンス元:オランダ領、キュラソー政府

 

このサイトで紹介しているオンラインカジノは全て合法的に運営されているもののみです。

 

日本人プレイヤーが多いオンラインカジノだからと言って安心仕切ってはいけません。

 

必ず自分の目でライセンス発行元を確認しましょう。

 

2.オンラインカジノの控除率とは

ギャンブルは胴元と言われる運営側が勝ちやすい設計になっています。宝くじや競馬、パチンコ、カジノ全てのギャンブルにおいて該当します。

そのギャンブルの中でも、ユーザーに対しての還元率の違いがあります。

 

還元率の違い
オンラインカジノ・・・約96%
パチンコ・スロット・・約80%
競馬・競艇・・・・・・約70%
宝くじ・ロト・・・・・約40%

 

還元率が違うことによって、ユーザーに返ってくるお金の規模が変わってきます。例えば、1日で1億円お金が動くと仮定します。

例:1億円が動くと仮定
オンラインカジノ・・・約96%▶︎ユーザーに9600万、運営に400万
パチンコ・スロット・・約80%▶︎ユーザーに8000万、運営に2000万
競馬・競艇・・・・・・約70%▶︎ユーザーに7000万、運営に3000万
宝くじ・ロト・・・・・約40%▶︎ユーザーに4000万、運営に6000万

 

オンラインカジノと宝くじを比較すると簡単に2倍もユーザーに還元されるお金の量が変わってくるのです。そのため、他のギャンブルと比べてお金が帰ってくる率が高いので勝ちやすいと言われています。

 

3.オンラインカジノの所得や税金について

 

オンラインカジノの所得は一時所得に分類されます。

 

 

一時所得の計算方法
【一時所得】=【収入金額】【支出金額】【特別控除額(最高50万円)】

 

要するに年間で50万円以上儲けることがなければ、納税する必要はないのです。

 

このサイトで目標にしている月3万円は、1年間の合計でも36万円で50万円以下のため、納税する必要はありません。

 

50万円を超えた場合、確定申告に関して勉強すれば問題ありません。

 

しかし、会社勤めの人はオンラインカジノで稼いだことに関わらず、そもそも確定申告をすれば会社に副業していることがバレる恐れがあります。

 

そのためにも月3万円を稼ぐ目標にすることは大切かもしれませんね。

 

4.入金や出金の方法

オンラインカジノを始めるにあたって軍資金は必要ですね。

ビジネスの初期投資みたいなものです。

 

カジノといえば、100万円単位で使うイメージがありますが、一切そんなことはありません。お金に余裕がある人はたくさん使いますが、僕が海外のカジノで遊ぶときは10万円も所持しません。オンラインカジノでも同じです。

 

もちろん、資金が多ければ多いほどレバレッジがかかるため、一度に返ってくるリターンは大きいでしょう。

 

オンラインカジノは小額からでも始められるのがメリットの一つです。

 

まずは1万円を入金して、初月にそれを2万円に増やすことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

そんな軍資金を入金するためにはさまざまな方法があります。

主に2つが主流です。

主流の入金方法
・クレジットカード
・電子決済アカウントからの入金

 

クレジットカードは番号を入力するだけなので、さくっと入金できますが、電子決済アカウントはそれの登録に手間がかかります。

 

しかし、稼いだ分を自分の日本の口座に出金するためには、クレジットカードで出金することは不可能です。

 

銀行振込か電子決済アカウントに出金する方法が取られます。

 

しかし、多くのオンラインカジノでは銀行振り込みに対応していない場合がほとんどです。

 

そんな時に電子決済サービスが役に立ちます。

 

このサイトで紹介するのはエコペイズです。

ほとんどのオンラインカジノで対応しているエコペイズはイギリスの企業が運営している安全な電子決済サービスです。

 

日本語で登録ができ、サポートにも日本語で対応してくれるため、日本人のオンラインカジノプレイヤーのほとんどがエコペイズを利用しています。

 

登録方法に関しては別の記事にて解説しているので、オンラインカジノを実際に始めようと決めてから登録しても遅くはないでしょう。

 

オンラインカジノで稼ぐには勝つことよりも負けないことに意識する

ギャンブルやカジノは一発で大きく勝つ娯楽と言うイメージが強いため、勝つためにはどうするか?と言う思考におちいりやすいです。

 

特に一度負けている状況になった時

例えば1万円負けている時、あなたはどういう思考をしますか?

 

Aさん「負け分を取り返さなきゃ、、、」

Bさん「予算オーバーするけど次で絶対勝ってやる」

Cさん「今良い流れだからベット額を倍にしてやる」

 

などなど

ギャンブルを経験したことある人なら一度はこのような考えになったことありますよね?

 

これは人間の性なので仕方ないかもしれません。

 

しかし、そもそもカジノを勝ちにいくものではなく負けないための立ち回りをすることを前提として始めれば、悪いギャンブラーの思考を理性でブレーキすることが可能です。

 

例えば、パチンコの釘やデータを参照したり、スロットの設定を確認したり、できるだけ負けないように立ち回りをしますよね。

 

オンラインカジノでも同じです。

1%の確率で配当30倍目指すのではなく、50%の確率で配当2倍を目指し、小額でも確実に増やしていくことを覚えましょう。

 

オンラインカジノで月3万円稼ぐために、勝ちにいくのではなく、負けないためにどうするかを考えることが大切です。

 

ゲーム選びも重要になりますが、それはステップの最後の方でお伝えしますので、次の資金管理について解説しますね。

 

資金計画の立て方

必ず資金計画を立てましょう。会社では売り上げを立てるために事業計画を立てます。家庭でも収入の中からうまくやりくりをするために家計簿をつける方もいると思います。

 

資金計画を立てる意義は4つあります。
・予算オーバーにならないように管理するため
・負けた時も計画書に基づき、負けを取り返したい感情にブレーキをかけるため
・勝った時に調子に乗って大きく賭けないように調子に乗らないため
・1日単位の収益目標金額を理解するため

 

特に2番目が重要になるでしょう。

どうしても負けていると取り返そうと冷静な判断でいられなくなってしまいます。そんな時は計画を見返していつどのようにして損益分をプラスに転換させるか冷静になって判断しましょう。

 

感情よりも理性が大切です。運に賭けるのではなく、きちんと計画のもと儲けましょう。

 

実際、計画に忠実になるとカジノらしい遊び方はできなくなりますが(笑)

(着実に儲けた中で余剰に儲けられたものを、カジノらしいワンチャン狙いをしても良いかもしれませんね!)

 

冒頭でも言いましたが、大勝ちを狙う人は向いてないのはこういうことです。

 

では、具体的な数字に基づいて計画を立てましょう。

毎月3万円を稼ぎたい場合、1日あたり1000円の勝ち分が得られればいい訳です。

毎月1万円であれば1日あたり約334円ですね。

 

毎日、隙間時間にオンラインカジノをプレイして、1000円の勝ち分を得た時にきちんとそこで今日の分は終わり!と割り切ってやめることができればオンラインカジノで稼ぐセンスがあるかもしれませんね!

 

勝ったからと言って調子に乗って、継続すればいずれ負けるかもしれません。

 

勝って目標金額に到達したら辞める

 

これを毎日繰り返すだけ。

 

10万円の予算があれば、1日1000円増やすと言うことは、軍資金に対して1%の資金運用すると言うこと。

 

しかし、1万円の予算の中で1日1000円を増やすと言うことは、軍資金に対して10%資金運用すると言うこと。

 

日本の銀行の金利が0.001%くらいなので、1%の資金運用もすごいことですが、10%は結構大きいです。

 

軍資金が少ないからと、大きく増やそうと考えてはいけません。

 

その分目標を低く設定しましょう。

 

どこかの項目で言ったように軍資金が少ない人は1万円を稼ぐことを最初は目標にしても良いかもしれませんね。

 

そうであれば、1日約340円稼げばOKです。つまり1万円の軍資金に倒して3.4%の資金運用になるので10%よりもかなり現実的になります。

 

だいたい5%以下であれば、目標的にOKでしょう。

着実に負けないように増やしていくことが重要です。

まとめると、
・毎月の収益目標を決める
・一日あたりの収益目標を計算する
・軍資金からの運用率を計算する(5%以下ならOK)

 

短期的な大勝ちを狙わないこと!

毎日コツコツ設定収益を稼ぐことがオンラインカジノを副収入にするポイントです。

 

 

オンラインカジノの選び方

 

オンラインカジノは日本人がアクセスできる安全なサイトだけでも約30を超えます。ではどのようにして選べば良いかコツをお伝えしましょう。

 

当たり前:合法ライセンスのあるオンラインカジノ

当たり前ですがライセンスがちゃんと発行されているオンラインカジノを選びましょう。このサイトで紹介しているサイトは全て確認済みですので、ここまで読んで信頼できるサイトだなと感じていただけたなら、当サイトで紹介しているカジノで初めてみても良いかもしれません。

 

入出金方法を確認する

オンラインカジノの中にはビットコインのみ出金可能と言うマニアックなサイトもあります。入金はクレジットカードかエコペイズ、出金にはエコペイズか銀行振込に対応しているサイトがおすすめです。

 

ボーナス等確認する

ほとんどのオンラインカジノでは初回登録時、もしくは初回入金時にボーナスを得ることができます。約3000円から数万円までサイトによって違いはあります。

ほとんどのオンラインカジノでは、そのボーナスで稼いだとしても、ボーナスの20倍稼がないと出金できないなど条件がついていることが多いです。

そりゃ、ボーナスだけで勝ち逃げされたらオンラインカジノも経営できないですからね(笑)

中にはボーナスではなくキャッシュバックという形で運営しているサイトもあるので、それぞれのオンラインカジノのボーナスはどのように扱われているか確認しましょう。

 

ゲームの種類の豊富さ

オンラインカジノは全てのカジノサイト自体がゲームを作っているわけではありません。カジノゲームのソフトウェアを開発する会社が別にあり、その会社が各オンラインカジノに提供しているイメージです。

なので提携しているソフトウェア会社の数が多い、もしくは一部、独自でゲームを開発しているものもあるところがいいですね。

日本語でのサポートあり

オンラインカジノサイトが英語だと不安になります。相談する場所が英語だったら何かと不便です。日本人でも安心して遊べるよう日本人が日本語でサポートしてくれるサイトは数多いです。特にチャットですぐ返事が来るサイトを選べば問題ないでしょう。

 

当サイトで最もおすすめするオンラインカジノサイトは?

ここではカジノシークレットを最もおすすめしています。

カジノシークレットの特徴
・入金にクレジットカード、エコペイズ対応
・出金にエコペイズ、銀行振込対応
・ボーナスがキャッシュバック扱い
・独自開発のゲームあり(余剰金が出たらやってみてはいかがでしょうか)
・日本語サポートが充実

 

他にもランキング形式でまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください!

 

スマホデザインが綺麗なカジノ特集

 

稼ぎやすいゲームとその攻略法

 

カジノのゲームには運要素が強いものから、実力がものをいうゲームまでさまざまです。

 

まず大切になるのが、攻略法が使えるゲームであるかどうか。

バカラやルーレット、ブラックジャックなど色々有名なゲームはありますが、このサイトで紹介する稼ぐために覚えておきたい攻略法は2つあります。

 

「フィボナッチ数列法」
「マーチンゲール法」

 

の2つです。

 

それぞれどう言うノウハウなのか解説します。


前提として2つとも使えるゲームは

約50%の勝率があるベットをすることが可能かどうかです。

ゲームと確率は以下の表にまとめました。(ここでは有名なゲームをピックアップしています)

「フィボナッチ数列法」

そもそもフィボナッチ数列とは、連続した2つの数字の合計が3つ目の数字とイコールになる数列のことを指します。

 

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、、、、

 

1番目の数字(1)と2番目の数字(1)という連続した2つの数字の合計が3番目の数字2とイコールになります。

ではもう一つ。

7番目の数字(13)と8番目の数字(21)という連続した2つの数字の合計が9番目の数字34とイコールになりますよね。

 

このような法則に基づいて連続する数字の列のことをフィボナッチ数列と呼びます。

 

この数列に従って、投資していくのが、「フィボナッチ数列法」です。

 

フィボナッチ数列法のやり方
・$1からスタートし連勝を目指す。
・勝ち続ければ数列の続きのように1、2、3、5、、、とベット額を上げ続ける。
・負けた場合、$1からやり直す。

 

表にまとめましたのでご覧ください▼

長期的にコツコツと稼ぐ方法の中で最もリスクが少ない攻略法です。

 

「マーチンゲール法」

 

マーチンゲール法は負けた後、その負け金の倍額をベットする攻略法です。例えば、ルーレットで$1スタートで黒に賭け続ける条件で進めます。

マーチンゲール法のやり方
$1のベットで負け→次は$2をベット(勝てば+$1、負ければトータル-$3)
$2のベットで負け→次は$4をベット(勝てば+$1、負ければトータル-$7)
$4のベットで負け→次は$8をベット(勝てば+$1)

このように倍額をかけ続ければ、負けが続いても、一度でも勝てば必ず+$1になるため、負けるリスクが少なくなります。しかし、その分大勝ちすることも少ないです。

表も合わせてご覧ください▼

シンプルに負けた時に倍々でかけるだけなので、難しい計算は必要ありません。
今回の例ではルーレットの赤黒で解説しましたが、実は0と言う数字があるため、実際は赤黒それぞれのヒットする確率は約48%なのです。

 

確実に50%の確率でヒットするためのゲームはこれ

 

大小(シックボー)

3つのサイコロを振り3〜18の出目を予測するゲームです。このゲームの賭け方で奇数・偶数というのがあります。

奇数:3,5,7,9,11,13,15,17
偶数:4.6.8.10.12.14.16.18

8個ずつで均等に50%になっているので、最もこの2つの攻略法に適しているゲームです。

 

大小はカジノゲームの中でもマイナーなものなので、実は狙い目と言ってもいいでしょう。ほとんどのオンラインカジノにシックボーは存在するので大丈夫です。

 

でもこんな不安も出てきます。

ずっと、50%で負け続けたらどうするの?

 

数字の世界には大数の法則というものがあります。

数学の知識|知っておこう、大数の法則

 

例えばコインを10回投げ、表か裏、どちらが出るか統計を取ります。
表も裏も出る確率は50%ですね。

 

10回であれば、表10回、裏0回
        表3回、裏7回など


必ずしも50%ではないことも多々あります。

 

では、この施策を1000回やるとどうなるでしょうか?

試作回数を増やせば増やすほど、50%の確率に近づいていく法則のことを言います。

 

なので毎日コツコツと継続すれば50%の確率に集約されるというわけです。
つまり負ける確率と勝利する確率が均等になるため、短期的に連続で負けても長期的には平均的になるということです。

 

もう少し確率の話をしましょう。

 

では、50%の5回連続負ける確率ってどのくらいでしょうか。

50%×50%×50%×50%×50%ですね。

つまり

0.5×0.5×0.5×0.5×0.5×100%ですので、3.125%です。

つまり、5回連続で負ける確率は約4%です。

逆に言えば4回連続したものの逆張りをした5回目に勝つ確率は96.875%と言えます。

 

カジノゲームにはこれまでの出た数字や色の履歴が出ます。

常に賭け続ける必要はないので、その時々の数字を読みながら賭けることでさらに勝率をあげることも可能です。

 

 

オンラインカジノの始め方・まとめ

オンラインカジノで月3万円の副収入を達成するための流れを公開しました。

 

1.オンラインカジノを理解する
2.勝つことよりも負けないこと
3.資金計画の立て方
4.オンラインカジノの選び方
5.稼ぎやすいゲームとその攻略法

 

何度も言うようでくどいですが、「勝ちに行くのではなく、負けないように立ち回ること

 

特にカジノ初心者はこの意識を強めてください。

 

ちょっとでも勝つと、大金を賭けたくなるのが人間の性です、、

そんな時に限って負けてしまうんですよね。

 

まずは小額でもいいので実践してみることが大切です。

何もトライする前から、疑うのはナンセンスだと思っています。

 

実際に1000円くらい使ってみて、自分に合わないなと思ったらやめたらいいし、できそうと感じれば続ければいいと思います。

 

オンラインカジノの中には登録するだけで3000~5000円分のボーナスがもらえるサイトもあるので、そこで始めればそもそも入金不要なのでリスクはありません。

 

当サイトがおすすめするオンラインカジノランキング

堂々の第1位:カジノシークレット

▼登録はこちら▼

▼詳細はこちらから▼

カジノシークレットの評判と手順とは?

▼2位以降のランキングはこちら▼

スマホデザインが綺麗なカジノ特集

2016年にIR推進法(カジノ法案)が成立してから、日本においてもカジノが身近な存在になりつつあります。筆者は以前から海外のカジノで遊ぶことを趣味にしており、東南アジアからラスベガスまで様々なカジノに訪れました。

2025年を目安にできるカジノが完成するまで、日本でカジノをすることはできません。その代わりとしてオンラインカジノを紹介しています。

オンラインカジノはスマホ片手に気軽にできるものです。しかし、多くの方は違法性や安全性が気になり、始めることができません。

このサイトでは、そんなオンラインカジノの実態を解説するとともに、日本に住みながらもカジノを楽しめるようサポートします。